ある日のバス車内でのこと

通勤には市営バスを使っています。

横浜市営バスは車いすでも乗車できるように、椅子が折りたためて車いすごと固定できるスペースがあります。

ある日のこと、車いすに乗った方と、付き添いの方が乗ってこられました。

いつものように、運転手さんが真ん中のドアに段差をなくすためのスロープをかけていたのですが、その間、付き添いの方が先に乗ってこられ、車いすを置く場所に座っている乗客に対して「そこ、どいてください」と言ったんです。

髭を生やした40代くらいの細身の男性ですが、とてもぶっきらぼうな言い方だったので、言われたおばさんたちは一瞬目を丸くしていました。

もちろん、車いすでバスに乗ることは問題ないと思うのですが、少し威圧的な感じは違和感を感じました。

だからと言って、肩身の狭い思いをしたり、卑屈になる必要もないと思います。

ただ、「車いすが来たらどくのがあたりまえ」みたいな態度はいかがかと思いました。

席を譲っていただくという感謝の気持ちはもってしかるべきかな?と思います。

私自身も障害者手帳を持つ身として、あらためて肝に銘じないといけないと思っています。

周りの支援・サポートには常に感謝を。

まあ、その言葉を発した方もどういう気持ちだったかはわかりませんが。。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

久しぶりに面談