久しぶりに面談

最近紹介業がスローになってきていましたが、本日久々の面談でした。

候補者の方からコンタクトがあるとき、一連の過程で見るポイントがあります。

まず、面談までは以下の3点です。

・こちらからのメールからのレスポンス

・メールの文面

・応募書類の作成具合

レスポンスは、別に即レスは求めていません。24時間以内にいただければOKです。

メールの文面は、正しい日本語で簡潔に要領よく書かれているか、相手の立場を考えているか?

書類に関しては、見やすく、わかりやすく書かれていることはもちろんですが、書類の日付を変えているか、という点を見ます。

案外ここは気にしない方も多いのですが、提出する書類は最新のものであるべきです。

本日面談した方は、ここがきちんとアップデートされていました。

レポート作成がメインのお仕事なので、そのせいもあるかもしれませんが、やる気の問題でもあります。

非常に好感が持てました。

もうひとつ。

次が3社目なのですが、現在の2社目の会社では、兼ねてから興味があった大学の専攻にも近い分野でのお仕事だったのですが、実際に携わってみて、仕事としてやりたいことは、1社目でやっていたことなんだ、と気づかれたようです。

まだ20代です。

こういう気づきは若いうちにどんどん経験して、目指す方向をより明確にしていくことも大事だと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

京王線の事件