アサ―ショントレーニング

カウンセラーや心理学を勉強されている方ならご存じだと思いますが、アサ―ショントレーニングというものがあります。

アサーション(自己表現)トレーニングとは、自分も相手も大切にした自己表現を身につけていくためのトレーニングです。自分の気持ち、考え、信念等を正直に、率直にその場にふさわしい方法で表現できるコミュニケーションを目指しています。

例えば、コンビニでお弁当を買った時にお箸が欲しかったのに店員さんが忘れてしまったのか、つけてくれませんでした。

そんなとき、貴方ならどうしますか?

①店員さんに言うと気を悪くするから、言わないで我慢する

②店員さんの間違いなんだから、お弁当にお箸をつけるのは当然だから、「ちゃんと仕事しろよ!!」と吐き捨ててお箸を要求する

③「すみません、お箸をいただけますか?」と笑顔で店員さんに伝える(忙しいから大変ですね、とちょっと労いの言葉を加える)

①はノンアサーティブタイプ。相手のことを優先しすぎて自分の言いたいことを言えないタイプ

②はアグレッシブタイプ。一方的に自分の主張を優先して相手の立場に配慮しないタイプ。

③アサーティブタイプ。相手の立場に配慮しつつ、その場にふさわしい形で自分の主張も行うタイプ。

世の中を渡っていく上で、アサーティブな態度・行動を取れることが目指していくということです。

私自身はかつては自分の言いたいことを言えないノンアサーティブタイプで、「自分が我慢すれば丸く収まる」と思っていました。

最近少しはアサーティブが身についてきたかな?と思いますが、時々アグレッシブになっていることもあります。特に企業にクレームするときは、理不尽さにカッカしているせいもあり、攻撃的になってしまいます。

我々は神様ではないので、いつでも100%こういう態度を取れるとは限りませんが、できればむやみに人を傷つけたり、余計なストレスを減らす生活を心掛けたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

日本の物価