企業が手厚い福利厚生を提供するということ

何のため企業は福利厚生を充実させようとしているのでしょうか?

答えは簡単で、社員に長く勤務してほしい、快適な職場でより高いパフォーマンスを出してほしい。もっと簡単に言えばより会社のために働いてほしいからです。

ある意味Give and Takeの関係です。

会社がよりよい待遇を与える ⇔ 社員はもっと頑張る、頑張りたくなる

誰がパフォーマンスを上げられる見込みがない人、ビジネスに貢献できそうもない人をわざわざ雇って、手厚い福利厚生を提供するでしょうか?

会社はボランティアではありません。日々、営業してお金を稼がないといけません。営業職なら割と実感できるでしょうが、その他の部門では自分の仕事がどのくらいの利益を出しているのかが見えづらいのは確かです。だだし、どんな仕事でも何らかの形で、その会社の営業に日々貢献しているはずです。

雇う側と雇われる側は主従関係ではありません。だからこそ、面接に臨むときも、雇う側はできるだけしっかり働いてくれる人を期待しますし、仕事を求める側もそれに見合った感覚で臨むことが大事だと思います。

その上で初めて手厚い福利厚生等のオプションが出てくるのです。

最初から仕事内容はそっちのけで、福利厚生の質問ばかりしていたら、誰も採用したくはなりませんよね。

とても当たり前のことですが。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA