不都合な真実

お仕事をお探しの方との面談で、履歴書や職務経歴書を一緒に確認していくと時々口ごもってしまったり、自信なさげな声になることがあります。

決まってそういう時は、あまり積極的にアピールしたいことではないこと、できれば見せたくない部分を話しているときです。

もちろん、相手のお気持ちを100%読めるわけではありませんので、そうでないときもあるでしょう。

ただ、そういう状態になったとき、こちらから掘り下げていくとあまりお話ししたくないようなことをお聞きしてしまうケースが多いです。

多くが退職理由であったり、長期の失業期間であったりします。

これらは面接官にとって気になるところです。中にはそこばかりとてもしつこく聞いてくる方もいらっしゃいます。

一番はありのまま、事実を述べることが大事です。その上で反省点があるのであれば、それをどう活かしているのか伝えることです。

同じ事象でも人によって感じ方は異なるので、多少の表現の違いは許容されても、事実と異なることを話すことはNGです。

虚偽になってしまいます。

あまりネガティブな面を前面に出して話す方はいないでしょうが、嘘は絶対ダメですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA