転職活動、できること・できないこと

転職活動をする際、だれでも準備したり、あれこれ勉強したりしますよね。

ただ、そのなかでもできることと、できないことがあります。

大事なことはできることはしっかり準備して活動に臨むことです。

★応募書類について

・できること

良い書類を作ること。「良い書類」ってなんでしょう?これはそれを読む側のことを考えることが大事です。レイアウト等の見やすさもありますが、誰でもできることは

①丁寧に作ること。読んでみてそれまでのキャリアが目に浮かぶようであれば最高ですね。ただ、読む側が必ずしもその職種の専門とは限らないので、場合によっては用語の使い方に注意しましょう。

②誤字脱字がないこと。また年月を間違えないこと。同じ会社の入社時期が履歴書と職務経歴書で不一致ということも結構あります。特に社会人になってから、途中であらためて学校に入りなおすなど、複雑な方は要注意です。

③ふさわしい写真をはること

④ブランクなどがあった時に理由をしっかり書いておき、疑念を減らすこと。

・できないこと

経歴を故意に変えること。これはできません。絶対やってはいけません。

★面接について

・できること

事前の情報収集はしっかりしましょう。

会社情報はもちろんのこと、業界のこと、その会社に関する最近のニュース等、あれこれ見てみましょう。また、入社した後のことをイメージしてあれこれ考えることは大事です。そこからいろいろ疑問点もわいてきますし、それが面接時のこちらからの質問にもつながってゆきます。

またしっかり準備すれば、自信につながります。不安でソワソワしながら面接を受けるのと比べたら、きっと良い表情で臨めているでしょうし、冷静に受け応えできると思います。

・できないこと

想定外の質問の答えを準備すること。

そもそも自己紹介や志望動機、最後の質問等、定型化された質問以外はどんなことを聞かれるかわかりません。

なにより大事なのは、何を聞かれてもその場で考えて、自分なりの答えを出すことです。そのために事前準備も必要でしょうし、普段の学ぶ姿勢、好奇心を持つこと、いつもアンテナを張っていることが大事になります。

しかっり準備をすることで、自信を持って面接に臨めることがベストです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

心の病