G7での日本の首相の一場面を見て思うこと

G7に関する記事を読みました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7e577f78e9af0942a0499148bfe96eee7860b28

ネット上でも菅総理に対して、良い意見より、圧倒的にネガティブな意見のほうが多いですが、ここでもよろしくない評価のほうが多いようです。

ただ、同情的な意見もあるようですね。

確かに一人だけアジアの端っこから、誰もよく知らない会合に出て行ったら気後れしてしまいますよね。

レベルは全然違いますが、私自身も正にそういう立場に置かれて、なかなか輪の中に入れずにみじめな思いをしたことがあります。

ご本人からそういう話はないので、本当のところどう感じたのかはわかりませんが。

ただ、今の世の中、良くも悪くもすべてがグローバリゼーションの波にさらされているときに、旧態依然とした礼儀正しい控えめな日本人を演じているだけというのはどうかと思います。

もちろん、言葉や文化といった点で、他国と異なる点が多いのは仕方ありません。

ただ、あくまでも日本の代表として他国と渡り合わないといけない場面で、対等に渡り合えない人が国の代表だとしたら、やっぱりまずい、いや、とってもまずいと思います。

総理大臣はあるときは国の社長であり、あるときは営業部長でもなければいけません。

百戦錬磨のツワモノたちと渡り合って、国に利益をもたらさなければ全く意味がありません。

あくまでもメディアの記事を読んでの感想なので、本当のところはわかりませんが、不安や諦め感ばかりが募る記事でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA