なぜ離職を抑止したいか?

勤め人時代には仕事柄、離職抑止が大きな役割の一つでした。

あまり人事に関わらない人には普段感じないことかもしれませんが、離職する人が多いということはいろいろマイナスが多いからです。

まず、コスト。

採用したコストが無駄になります。

ゼロ円で人を雇うには知り合いのコネくらいしかありませんよね?

今、人材紹介を使うと年収のおよそ30%前後の支払いが発生します。

自前でやっても、広告費やらで結構なコストと人件費(これがよく見えないので意外に大きい気がします)がかかります。

その他、入社してから様々な手続きが発生し、研修期間だってお給料が発生します。一番厄介なのは研修終了後、すぐに辞めてしまう人です。

会社に合う、合わないはありますので、仕方がないことですが、会社としてはほぼほぼムダ金になってしまいます。

もうひとつは多方面への間接的な影響です。

離職が多い会社は、求人も頻繁に出ています。これくらいは求職者もわかりますので、「何かある」と感じ敬遠するようになります。

すなわち、求職者を取りづらくしています。

また、円満退社ならまだしも、何かしこりが残る辞め方をすると、根も葉もないうわさがあちこちで広がりかねません。事実無根であってもイメージを損ないますよね。

さらに離職しやすい雰囲気を作ってしまいます。これは本当にやっかいです。大きなモラルの問題です。

今の時代、一生定年までいなさい、と言えませんが、極力不要な離職は少なくしたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

キャリアの可能性