応募書類について大事なこと

応募先に提出する履歴書や職務経歴書が、輝かしい経歴ばかりで満たされ、どこにでも自信を持って胸を張って出せるという人は案外多くないのかもしれません。

これまで面談してきた方も様々ですが、それぞれに様々な道を歩んできています。

一般的に転職回数が多いとネガティブに受け取られるということは、ある意味真実です。

同じ職種・業種で転職理由がはっきりしたものに関しては、むしろ積極的にキャリアを積んでいると解釈されるケースもありますが、関連のない業界・職種で転職を繰り返していると、目標が定まらないふらふらしているような印象を与えてしまいます。

過去は変えられません。もしも「これは失敗したな」ということがあれば、面接等で正直にその当時の考えを伝えることが大事です。

それが受け入れられない応募先なら、そもそも縁がなかったということですし、失敗を次に生かしたエピソードを話してそれを評価してくれる企業があれば、それはチャンスです。

大事なことは突き詰めて考えると「誠実さ」だと思います。

もちろん成功体験を記したりしてアピールすることは大事です。事実を詳細に書いたり、数値を駆使したりしてその事象を正確に記すことは良いことだと思います。

ただ、あまりに誇張したり、自慢話のようになってしまうと、やはりそれは面接官も見ています。

最もやってはいけないことは、事実でないことを記入することです。

あえて記入しなくても良いことを書く必要はありませんが、必須事項に関しての詐称はダメです。入社退社年の誤り等、詐称ではないにしても大きなマイナスだと思ってください。あえて記入しなくても良いことでも、面接時に尋ねられることがあります。

例えば、退職理由が会社理由の場合です。その際はしっかり正しい事実を伝えることが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA