新しい会社に入ったらすること

これだけは結構自信があるテーマなんです(笑)

というのもこれまで10社以上転職してきましたから、よくも悪くもいろいろなケースにあたりながら処世術を覚えてきました。

①まずは謙虚な姿勢で周りを観察

どんなポジションで入社しても、その会社では「新人」です。知らないことだらけです。

いくら専門領域でその道のエキスパートだからといって、最初から「自分のやり方が絶対的に正しい」なんて姿勢で入ったら、誰だって煙たがります。

実際、いままでのやり方がそのまま通じることは少ないです。その会社のやり方、環境に合わせていかないといけないので、まずは周りのやり方、人を見極めることだと思います。

②一緒に働く人の顔と名前を覚える

初日にあちこち連れまわされて、一気に紹介されることがありますが、いっぺんには名前も顔も覚えきれません。一緒に仕事をしていくうちにだんだん覚えていくというのが普通です。ただ、意識的に相手の名前を憶えて、「〇〇さん、あの件ですけど・・・」という感じで、名前を呼ぶ習慣をつけていくことはとても良いことだと思います。名前を憶えられたり、呼んでくれたりすることは不快なわけありません。相手との距離は縮まります。

③なんでもかんでも聞かない

新しい会社ではわからないことだらけですが、できるだけ自分で解決する努力も必要です。(勝手にやりすぎて迷惑をかけてはいけませんが)

「ここまで調べたのですが、これ以上はわからないので教えていただけますか」とか、「自分でやれることはやったけど」ということを伝えた方が良いと思います。

ただでさえ忙しいのに、新入社員の面倒まで見ていられない、というのがたいていの会社ですから。。。

④いままでの常識は捨てる(郷に入れば郷に従え)

出勤初日、ある会社で名刺がなかったので上司に尋ねたら、「名刺は自分で総務に依頼して作ってもらうもの」と叱られました。

それまでの会社では、すでに用意してあることが当たり前だったので、ちょっとびっくりしました。

それ以外にも時間の感覚も違いますね。普通1分でも遅刻は遅刻だと思っていましたが、ほぼ全員決まった時刻に出社しないとか、ミーティング時間には必ず全員が集まらない。平気で無断欠席するとか。。数えだしたらキリがありません。

⑤いつも笑顔で

これが大事です。そもそも知らない人が入ってきて、いつも渋い顔をしていたら話しかけたくても話しづらいです。何ができなくても笑顔、簡単でしょう??

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA