飲食店に対する補償

コロナ禍での営業自粛協力に関して飲食店に対する補償のことがよく話題になっていますが、たまたま飲食をやっている方と話をする機会がありました。

今の状況に関して「大変でしょう?」と声をかけてみたら、「いや、かえって助かっています」という返事。

どうやら、今回の一律補償で「思わぬ恩恵」を得ているほうの方でした。

立ち飲み屋さんを経営していて、毎日3時、4時まで店を切り盛りしていたそうで、かなり身体にこたえてきていたところに棚ぼたのような補償が舞い込んできたので、これを機会に商売替えをしようと考えているそうです。

行政の補償のやり方の是非はともかく、庶民としてはいただけるものはもらっておくという考えも誰も否定できないし、ましてや犯罪でもありません。

ただ、それが人の仕事や人生を変えてしまうことに複雑な気持ちになりました。

でもよくよく考えてみれば、そもそも一寸先は闇ではありませんが、明日のことすらわからない世の中なので、大してびっくりすることでもないのかなとも思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA