思想・宗教・信条について

面接のときに思想・宗教・信条・支持政党等に関して尋ねることはタブーとされています。(なかにはいまでも無神経に聞いている面接官もいるかもしれませんが。。。)

その質問が採否に関係し、基本的人権を侵害する可能性があるからです。

以前、社内で宗教の勧誘騒ぎがあり、少々問題になったことがありました。

勧誘する方は、すでに自身の宗教に染まっていますから、自分がやっていることが良いこと・正しいことだとしか考えていません。

手口も巧妙で、決して社内では行わず、勤務外の時間に特定の場所に呼んで話をする、ということをしていたようです。

たまたま、誘いを受けた社員から相談を受けて発覚したのですが、巧妙に宗教の名前を出さずに行動していたので、はっきりとした証拠をつかんでから面と向かって注意をしようと気をつけていましたが、その前に自ら退職してしまいました。

相談に来た社員も新卒の方で、「〇〇〇会ってなんですか?」とかなり世間ずれしていたので、正直何も起こらなくてホッとした記憶があります。

社外の個々の活動までは規制できませんし、個人の信条に対して評価を下すことはするべきではないと思いますが、セールスでも宗教でも強引に進めることはあってはいけないと思います。

なぜか、春先になるとこういう問題が立て続けに起こるんですよね。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA