ご自分の経歴を語るとき・・・失敗は素直に認めましょう。

人間生きてきて、一度も失敗したことがない人なんていないはずです。

小さいものから、大きいものまで、いろいろな場所で様々な失敗を繰り返しています。

面接のときに聞かれて痛い質問にも失敗が絡んできます。

転職で失敗して、早期に退職してしまった。

仕事で失敗して損害を出してしまった。

人間関係に悩んで退職した等々。

そんなときは素直に現状を話して失敗を認めましょう。その上でそこから何を学んでどう生かしたかを合わせて伝えましょう。

5回も6回も同じことを繰り返していたら、ちょっと。。。。ですが、1,2回の失敗だったら、それをどうやって乗り越えたか、次に生かしたかが伝えられればむしろポジティブな印象を持ってくれるのではないでしょうか?

マイナスをプラスに転ずること、大事です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA