教育訓練給付制度を活用しよう!

お金持ちにはあまり関係ないかもしれませんが、会社勤めして雇用保険を支払っているメリットは失業時だけではありません。

何か特別なスキルを学びたくて学校や講座に通う場合、その一部を国が補助してくれる制度があります。

一般教育訓練給付金/専門実践教育訓練給付金/特定一般教育訓練給付金と3種類あって、それぞれ支給対象者や条件が異なりますし、支給率も20%から最大70%と様々です。

手続きもあるので、「面倒くさい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば専門実践教育訓練給付金の場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%に相当する額が支払われます。(ただし、1年間で40万円が上限。訓練期間は最大で3年間となるため、最大で120万円が上限)

さらに受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給されます。

ということで最大70%、3年の講座であれば168万円までの支援を受けられます。

もちろん、これはきちんと講座を修了しないと対象になりませんし、どんな講座でもよいわけではなく、厚生労働大臣の指定する教育訓練でなくてはなりません。

何か勉強したい!と思ったらチェックしないともったいないですよ。

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_education.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

職業訓練校の話