想像力

いろいろな場面で想像力が問われる時代だと思います。

面接の場面でも、如何に面接官の立場で考えられるかが、きっと合否を左右することがあると思います。

これは気遣いにも通ずることです。

相手がいまどう思っているか察することで、次のアクションを素早くとって、時にはハッピーなサプライズを与えること。

空気を読める、気が利く人の対応です。

ではどうしたら想像力が養われるか?

いろいろあるのではないでしょうか?

ひとつは、今までとっても嬉しいと思った時、どうしてそう思ったかを思い出してみてください。なぜ嬉しかったか?誰がどうかかわってきたか?

もうひとつはご家族や誰か仲の良い友人を喜ばせようと思ったことを思い出してみてください。その時、どうしたら喜んでもらえるかを考えてみたことを思い出してください。きっとあれこれ考えたんたと思います。

そういう積み重ねの成功体験が想像力や気遣いを学ぶ機会になるのではないでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

強いチームとは

次の記事

紹介会社ができること