経験もスキルがあるのに

当たり前ですが、就職は企業のニーズに適って初めて入社できます。

英語がいくら堪能でも、その会社で生かす場所がなければ、全く意味を成しません。

入社してからその分野で力を発揮して見せるといっても、首を縦に振ってくれるような会社はなかなかありません。

ただ、経験を違う角度で見て、強みを発見していくこともできるかもしれません。

たとえば人事に携わっていた人が、教育に特化してインストラクターになったり、コールセンタースタッフが気遣いや機転が利くことをアピールして秘書業務につくとかは十分ありえます。

行き詰っている方は、ご自分がされてきたお仕事の本質の部分をもう一回考え直してみましょう。

何かしら発見があるのではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA