見返りを求めないこと

生きていく上で、人はいろいろなところで見返りを求めてしまいます。

「あれだけ応援してやったのに裏切られた。。。」

「これだけ時間をかけて頑張ったのに何でこの結果??」

「何かをした分だけ見返りがあるのは当然」という理屈に基づいた考えですよね。

ただ、それはあくまでも自分が思っているだけのことかもしれません。

他人から見たら、期待したほど頑張っていないのかもしれません。

ただ言えることは、「期待したことが起きなかった」というだけのことです。

見返りを求めて裏切られるたとき、ネガティブな気持ちになってしまいます。モチベーションが下がってしまったり、一生懸命がんばっていたことを辞めてしまったり、あまり良いことは起こりません。

かといって、見返りを求めるなというのもなかなか難しいことですし、それがあるから頑張れるというのも事実です。

「思うようにならなくて当たり前。思うようになったらラッキーくらいに考えよう」

これは産業カウンセラー養成講座で教わった、すごくシンプルですが、簡単にはいかない、ただとても大事な言葉です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

仕事でのLINEの使用

次の記事

履歴書がかわる