約束の時間に間に合わないとき

時間を守るというのは社会生活のひとつの基本、だと思います。

沖縄とかでは待ち合わせの時間に結構アバウトだという話を聞きますが、そういう例外を除いて、特に日本でビジネスの場では時間を守るのが常識ですよね。とりわけ初対面に近い場合には基本的な礼儀だと思います。

実はここ何回かWEB面談に時間どおりに来ていただけないケースが多く、ちょっと残念に思っています。

お一人は、完全に忘れていた。。( ノД`)シクシク…、もうお一人はお仕事が延びてしまった。。。( ノД`)シクシク…などいろいろです。

忘れた、はちょっと置いておいて、突発的な状況が発生したときにでも、可能な限り迅速に第一報を入れるべきだと思います。

あわせて相手の立場を尊重した対応を取るべきです。

もしも何かありそうな場合にはその時間を避けるか、それでもどうしてもその時間でなければいけないときは、事前に前振りをしておいて何かあるかもしれないということを匂わせておくとか、もしものときの連絡先を確認しておきます。

あなたが待つ立場だったらどうでしょう??

画面の前でいつ来るかわからない相手を待つのは結構ストレスです。とても時間の経過が長く感じられます。待っている間何かするにも落ち着かないし。

結果として相手の時間を奪っていると考えるべきかな、と思います。

私は10-15分待って来なければ、電話・SMSで連絡します。合わせてメールでリスケしたいのであれば、連絡くれるように依頼します。

個人的には突発的な事故や天災以外でタイムリーに連絡できない人は、ビジネス上信用できないと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

外国人の方のお仕事探し

次の記事

模擬面接