国電

昨日、バスに乗っていたときのこと。

バスに乗り込んできた70絡みの男性が運転手に話しかけました。

「国電の〇〇駅に一番近い停留所はどこですかねえ?」

運転手さんは多分20代か、30代の若い女性の方。おそらく国電、という言葉に一瞬固まってしまったのかもしれません。

ちょっと間をおいて「JRの〇〇駅ですね。それでしたら・・・・」と応対していました。

国電という言葉が一般に使われていたのは、1987年まで。

国鉄がJRにとってかわられる以前の近距離電車の相性でした。

いまや、死語ですね。なんか不思議に懐かしい気もするし、なんだか昭和のなつかしい響きがあります。

蛇足ですが、JR発足と同時にこれにとってかわる言葉として、E電という言葉が作られました。

しかし。。。。いろいろ理由はあったようですが、全く定着せず、いつの間にか消えてしまいましたね。。

言葉っておもしろいですよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA