老後大格差地獄

https://president.jp/articles/-/39795

この前、この記事を読んで「まさにその通り」と思ってしまいました。。

お国は、定年を先に延ばしたり、採用時に年齢を限定しない等、いろいろなことを決めていますが、結局は企業にしわ寄せがいっているだけです。

定年なんかは、次の世代の活躍にも影響を出しているし、より小さな企業はそれどころではない、というのが現状でしょう。

この仕事をやっていると、だれもが知っているような有名企業に勤めて、年収1000万越え、何の不自由があるんだろう???という方からもたくさんの求人の応募を受け付けています。

ただ、企業はそんな方でも一定の年齢を超えると、採用は考えていません。

やはり、体力も知力も下り坂になってきている方を紹介会社通して依頼はしませんよね?

決して輝かしいキャリアの方々にもう働くな!!と言っているのではないんです。

今の現状では、企業から高い給料を貰って雇ってもらえることは難しいということです。

社会がそういう場所をつくってくれないのから、自分から変わっていくしかないのではないかと思います。

一度頭をリセットして、ゼロから何か新しいことに挑戦したり、思い切ってやれる範囲で起業してみたり。また金銭的に不安がないのなら、稼がなくても地域や社会のためになることをしたらよいのではと思います。

過去の栄光にすがってばかりいたら、いつまでたっても一歩前に進めませんよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

来週は10月も最終週

次の記事

キャリアチェンジ