求人の年齢制限

もう10年以上も前の話ですが、以下のことが決まりました。

雇用対策法が改正され、平成19年10月から、事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。(厚労省HPより)

なので、今世の中にある求人には原則として年齢の制限は表記してありません。

ただ、実際はどうなんでしょう?

かつて35歳転職限界説なるものがあったと思いますが、確かにここ10年で中高年の採用が広がってきています。

弊社で扱う求人でも中高年を希望する求人も少なくありません。

ただ、やはり海外に比べると年齢というものを意識している企業のほうが多数派です。

そこにはいろいろな理由があるので、なんとも言えないのですが、まだまだ日本的な年功序列という風潮が影を落としているのかもしれません。私自身30代後半からずっと外資系だったので、どこも親子くらい齢が離れていても同僚として自然に接していました。恵まれていたんでしょうね。

一方で50歳後半になると、さすがに身体的な健康の問題や入社してからなれるころには定年。。。なんていうこともあって二の足を踏んでいるのかもしれません。

ただ、役職者にありがちなのが、前の会社のままの感覚で新しい会社に入ること。

新入社員はだれでも、そこではゼロからのスタートだ、ということは頭に入れておかないといけません。

いくら輝かしいキャリアがあれども、新天地では「教えていただく」というくらいの謙虚さが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

最低限のマナー