外国で働くということ

先日、海外の方と面談を行いました。

日本に来て日本語を勉強し、日本語能力試験の最高レベルを取得しています。

職務経歴書を見ても、下手な日本人よりもはるかにきちんとした日本語が書けていました。

何よりちょっと感動したのは、転職理由に「お給料はどうでもよいので、スキルを磨ける環境がほしい」と言っていました。

みんながみんなそうではないですが、日本人の若者からこういう言葉を久しく聞いていません。

自分自身を高めていくことにすごく真剣なんですね。

他国で働くということは、それだけでとっても大変なことです。

就職だって、自国民のほうがはるかに楽だし、言葉の問題、習慣の問題などなど克服すべき点はたくさんあります。

彼には、是非よい環境で働いてほしいともいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA