「一般事務」という仕事

最近求職者の転職意向を見てみると、やたら「一般事務」希望が目立ちます。

それも資格が必要な○○士とか、営業でバリバリやってきたような人、それに新卒で一年に満たない人なんかもいます。

一方で、コロナ禍の影響もあり、一般事務の仕事は極端に減ってきています。

そもそも「一般事務」ってなんだろう?と考えたとき、私自身はなんだかはっきりしない、すごくもやもやした感じがします。PCをつかって書類を作ったり、電話を受けたり、ルーティング業務をこなしたり??

この仕事を志望をする人たちは、それぞれどんなイメージを持っているのでしょうか?

とてもうがった見方をして、「とりあえず、一般事務として会社に行って、言われたことをやっていればいいや。。。」みたいに考えていたら大間違いです。

今まではそれでよかったかもしれませんが、これからは「一般事務」のなかでも、本当にやる気があって事務を仕事としてやっていて、効率化を図ったり、品質を上げたりする努力をしていく人でないと、採用もされないし、生き残ってもいかれないとおもいます。

もしも万が一にも「一般事務」を甘く見ている人がいたら、良く考えた方が良いです。

世の中そんなに甘くありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

退職について(1)

次の記事

見る前に跳べ